2016年12月4日結構な雨!

今年最後の活動日、予報では曇りか小雨くらいかと思っていましたが、案外降っていました。集まったのはOさんファミリー、初参加のTさん、お久しぶりのYさん、そしてSファミリーの大人4人、子ども4人でした。

作業は行わないことになりましたが、雨の森を見て歩こうということで、マンション裏の広場へ。
b0186740_13271869.jpg

雨が降った日だけ現れる「まぼろしの池」ができているか確かめようと、はじまりの森から斜面を下り、鴻巣山で一番大きいヤマザクラを見て谷底へ。池はできていませんでしたが、窪地の真ん中に白い大きなキノコが!かけよろうとした子どもたちが窪地のドロにはまってしまってさあ大変。長靴が脱げ、靴下も泥だらけ。しかしお兄ちゃん組は、キノコを標的にして泥だんごを投げつけるという遊びを開発していました。
b0186740_13273419.jpg

はじまりの森の中央付近、板根の発達したスダジイは枝張りやコブの具合で、樹幹流が途中からジャバジャバとシャワーのように落ちてきます。泥だらけになった手を洗うのにちょうどいい、自然の水道だね。
b0186740_13274536.jpg

11時過ぎには解散。雨だったけど楽しかったね!
[PR]
# by kounosusatoyama | 2016-12-04 13:37 | 活動日誌 | Trackback | Comments(0)

2016年11月6日活動日 少なかったので解散!

この日集まったのはいつもの顔ぶれ、Mさん、Kさん、Sさん、事務手続きに来てくださったUさん、そして代表親子の計7名。
b0186740_1484660.jpg

車に積んであった「削り馬」をみんなでワアワア使ってみて遊んだり、子ども用ヘルメットの吟味をしたりしましたが、人数も少なく仕事や手の痛みがある人もいたので解散することに…。
b0186740_149876.jpg

削り馬、確かに子どもでも使えます。

その後、代表親子は山に入り、ハンモックでゆれたり、削り馬でシャモジ的なものを作って遊んだりしましたとさ。
b0186740_1491812.jpg


ゆったり、いい天気の休日でした。
[PR]
# by kounosusatoyama | 2016-11-08 14:11 | 活動日誌 | Trackback | Comments(0)

2016年10月16日 どんぐり日和

今年もどんぐり日和。
例年に比べて少し時期が遅いような気がしますが,「どんぐり日和」楽しみました。

b0186740_1839252.jpg
ちょっとパラついたけど,どんぐり拾いました。今年は痩せたどんぐりが多い。まるまるしたどんぐりをつける木を見つけるのがコツとわかりました。

b0186740_1839027.jpg
先月,伐った切り株の上に並べてみた。どんぐり拾いよりたたかいゴッコに夢中な子も多いです。

b0186740_18385852.jpg
水につけて選別したどんぐり。だんだん食材っぽく見えてきます。

b0186740_18385514.jpg
どんぐりを割り,竹串で中身を取り出します。3歳児も立派に働きます。

b0186740_18385158.jpg
どんぐりの実をミルサーにかけてふるいでこします。もう完全に食べもの。

b0186740_18384789.jpg
しまった!どんぐり団子と合流前しか写真を撮ってなかった!これは「豚肉と白菜とヒラヒラ大根の入ったショウガのきいた中華風スープ」です。これにどんぐり団子が入るのです。美味。

b0186740_18384549.jpg
今日はこうのす産の「マテバシイタケ(間伐したマテバシイに植えたシイタケ)」が入ったごはん付き!

b0186740_18384114.jpg
たくさんどんぐり粉づくりをやった後のおやつに,どんぐり団子きなこ味。もっちり。

b0186740_18383878.jpg
たのしかったね。おいしかったね。
[PR]
# by kounosusatoyama | 2016-10-17 18:49 | 活動日誌 | Trackback | Comments(0)

鴻ノ巣山にも一頭お目見え「削り馬」!

 福岡県森林環境税を活用した「福岡県森林づくり活動事業」として「ふくおか森
づくりネットワーク」が主催する連続講座に今年は、グリーンウッドワークを行なう
のに必要な木工道具である「削り馬つくり」ワークショップが追加され、「こうのす
里山くらぶ」から、会員M と 見学に FKさん の二人が参加しました。
18〜19ピースの県産ヒノキ部材は、すでに前もって準備されていて、当日は、組み
立て作業が主、時間があれば木ウソ作りというスケジュールでしたが、結構汗だくの
作業で、見学どころではない F さんのサポートがなければ完成は怪しかったかも。
b0186740_07254557.jpg
でも、このように重量にも耐えるしっかりとした出来上がりで、「ドングリ日和」にお披露目を待っています。
b0186740_12004438.jpg
この馬、どっかで見た様な?! そう、アルプスのハイジ物語でおじいさんが使って
いる。国内でも、まだワッパ作りなどで使われているようですヨ。
鴻ノ巣山には小径木は少ないけれど、伐採された木とこの馬を使ってどのような作品
が生まれるか、子供達は,何を造り出すのか楽しみですね。
心地よい汗をかいた楽しい一日でした。

写真に一緒に写っている方が、指導者の岐阜県立森林文化アカデミー准教授久津輪雅
先生です。夜の先生による講座では色々の作品や道具類が展示され、興味深いお話が
聞けました。進行役の志賀代表の他当くらぶ会員の参加もあり、柔らかいうちの
生木 = グリーンウッド
を使うと作業し易く色々な作品に挑戦出来ると言う話に時間一杯費やされました。
b0186740_11344660.jpg
b0186740_07240084.jpg
b0186740_07232878.jpg
主催者スタッフによる写真掲載の好意を頂いています。




[PR]
# by kounosusatoyama | 2016-10-10 10:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

2016年9月25日活動日 頑張った 枯れ木除伐

 行事が増えてくる秋、参加二度目のFさん親子を加えて、5人という小さな集まり
でしたが、遊歩道沿いの危険な枯れ木4本を除伐、という素晴らしい作業をこなし
ました。 よくぞ、と自讃ひとしきりです。
b0186740_12550640.jpg
 鋸を握るのは、始めて?のFさん親子に、丁寧に受け口・追い口と伐木の基本を
ゆっくり説明、それぞれに、挑戦してもらいました。
b0186740_12542309.jpg
b0186740_12540093.jpg
 Nちゃん、粘り強く、途中投出すこともせず、受け口からおい口まで頑張って見事
やり遂げました。拍手喝采です。
 枯れると、根方の木質は非常に硬くなるくせに、幹先はゆらゆらと動きが定まらず
目指した方向に倒れてくれず、で四分五裂しながら、降ってきます。その一部が、
地面に突き刺さって、その怖さを見せてくれました。
b0186740_12534321.jpg
 ヒェ〜〜〜、代表の前をご覧下さい!!!
まさに、大型焼夷弾!! といっても焼夷弾なんて知らないよね

 蒸暑く、蚊の出番も多い一日でしたが、遊歩道を通る人は結構多く、作業の説明を
受けて「有難う」を残して行く方も結構いました。
中窪さん、冷たい差入れ、有難うございました!!

もう1枚,写真を追加。今回の4本はいずれも遊歩道に倒れかかってきそうな枯木
(マテバシイ×2本,ハゼノキ×2本)でした。
伐倒した木の1本を赤でなぞってみました。
b0186740_20513606.jpg

次回は、10月16日、恒例のドングリ日和です。

 

   ♪♪♪ 新たに参加を希望される方々へ ♪♪♪

   代表携帯 (090-7396-6830) へご連絡下さい。

  会設立の趣旨、経緯、会則などは、

右欄 トップ”こうのす里山くらぶ” からホームページに

リンクしていますので、ご覧になれます。

「こうのす里山くらぶ」は原則として第一日曜に活動を行っています

急な予定変更などは、このブログhttp://kounosusat.exblog.jp/で

ご確認下さい。







[PR]
# by kounosusatoyama | 2016-09-26 13:36 | 活動日誌 | Trackback | Comments(0)